インシリコデータ株式会社関連ブログ;Blog of the In Silico Data Ltd..

 ようこそ(株)インシリコデータブログへ。このブログでは、主としてインシリコデータのホームページでは直接編集できない細かな内容をフォローいたします。本ブログ内容等に関する質問/要望/意見等はこちらのブログか、インシリコデータのコンタクトアドレス(contact@insilicodata.com)にいただければ幸いです。
 なお、一部で著者の私的な情報に関する掲示板としても本ブログを利用いたしますが、この点お許しください。
 In this blog, I discuss and write various themes which I cannot edit on the
homepage of the In Silico Data. This blog also partly include a little personal themes.

2021/09/16

安全性評価関連講演会(CBI学会2021年大会)関連情報

 CBI学会2021年大会が10月26日(火)~28日(木)にオンライン開催されます。

 CBI学会2021年大会のフォーカストセッションにて化合物の毒性(安全性)に関する研究発表が開催されますので、お知らせいたします。本フォーカストセッションはCBI学会に設立された「計算毒性学研究会」が主体、協賛して実施されます。

 講演は基本的にコンピュータを用いての毒性評価研究に関する発表となります。今後、毒性研究分野でもコンピュータを用いた研究が急速に拡大することは確実です。特にデータサイエンスや人工知能の急速な展開/発展は毒性研究分野にも大きな影響を与えております。最新の「計算毒性学」関連研究に興味を持たれる方々は、現在最先端を行く研究の講演を聴くことが可能です。是非参加されて討論ください。

詳細は以下をご参照ください。
FS-03: 2021 年 10 月 26 日 (火)15:00-16:30
「 創薬の加速化を目指したインシリコ予測 ~若手研究者が拓く新時代~ 」
Accelerating drug discovery through in silico prediction

FS-07: 2021 年 10 月 27 日 (水)15:00-16:30
「創薬における WET 研究者と計算毒性学とのコラボレーション、 および最新の安全性評価研究と ICH M7 のチャレンジプログラム」
  Collaboration between WET researchers and computational toxicology in drug discovery, and the latest safety assessment research and ICH M7 challenge program 





2021/09/09

イベルメクチンを真のコロナ治療薬、抗ウイルス薬に導く:創薬の極み・・

 イベルメクチンがコロナに効果ありと期待されている。イベルメクチンのコロナ治療効果については、様々な意見があり、様々な立場から考察がなされており、様々な情報が飛び回っている。治療効果ありと無しで、今はやりのファクトを示せ合戦に明け暮れ、インターネット上で自分に都合の良い情報や文献をググって相手を責めているという無意味な戦いとなっている。

 現在のイベルメクチンの適用手段は、創薬研究的に言えば、既存薬物を異なる薬理活性に適用しようとする「ドラグリポジショニング」である。

 イベルメクチンが少しでもコロナに効果があると分かれば、これは創薬研究的に言うと、新規薬物のデザイン関連研究課程で最も大事な「リード化合物のシード」が発見されたことに等しい。この「リードシード」化合物の発見が創薬で最も大事で、その後の創薬の大きな流れを決定することが多い。この事実から考えると、イベルメクチンは創薬の第一歩をクリアしていることとなる。何とも素晴らしいことである。

 続く段階としてはイベルメクチンの構造式をモディファイして、より治療効果の高い治療薬、あるいは抗ウイルス薬に導く段階に移る。この過程では、より高い治療効果や抗ウイルス効果を及ぼす化学構造的な要因、副作用を軽減する要因等を詳しく調べ、新たなCOVID-19治療薬、予防薬、あるいはSARS-CoV-2の抗ウイルス薬に導くことを目指す。これらの過程は私が実施している化学データサイエンスおよび人工知能の技術を適用することで実施される。

 イベルメクチンの今後の展開が楽しみであるが、今回はコンピュータというよりは私の「勘ピュータ」が騒いでいる・・・ (´-ω-`)。




2021/08/24

イベルメクチンによるコロナ感染対策:非常時に平常時の議論しても意味ないなー

  WEBを見ると、イベルメクチンの有効性や承認の可能性等いろいろ議論されている。これらの議論は平常時に議論されるべき内容であり、原理/原則論に支配された固定的な議論である。平常時ならば、時間をかけて十分に議論すべき内容である。

 しかし、コロナでの現在の状況は非常事態と言えるもので、自宅療養者が数万人、さらに自宅療養下に万が一病態が悪化したとしても入院困難か不可能な医療崩壊状態に陥っている。このような非常時下で平常時の理論やルールをもとに様々な議論をしても何も進まないし、意味もない。コロナという敵が周辺をうろつき、負傷者や死人が多数出ている状況下で、小田原評定をしてケンケンガクガクしているのとおなじである。

 m-RNAワクチンの緊急使用許可を出したFDAは、その理由として”今は緊急時であり、ワクチン投与の効果は副作用による弊害を上回る”として緊急許可を出した。先日(2021年8月23日)、FDAはファイザー製ワクチンを正式承認したが、既に何億人もの人がワクチン投与を行った後である。もし、当時許可を出さずに平常時の理論で正式な承認を待ち、現在に至るまで何もしなかったら、現在はどのようになっているか考えると背筋が凍る。

 振り返って日本の現状はどうだろうか。小池知事自らが現在の状況は非常時であると言っている。政治家は口だけで、平民の立場になって考えてはいない。昨日もパラリンピックの歓迎会で小池知事も参加した40人のパーテイが開催されたという。これは慣行であるとの話。正に平時での慣行であり、非常時での慣行は全く異なったものである。小池知事自身が自己矛盾している。

 政治が頼りにならない今こそ、平常時から非常時の対応に切り替え、自分の身は自分の力で守る。この自衛で家族や知人、他人へのコロナ拡散やクラスターを防ぐ。この一手として私はイベルメクチンの投与を考える。

 イベルメクチンは錠剤で経口投与できるので、気軽に投与し、患者は重症化予防と初期治療に、私と家内は感染予防と重症化を防ぐ目的で服薬する。この気軽さが経口投与の良いところである。さらにイベルメクチンは製品化されているので、副作用の問題はクリアされている。

 感染者と看護する人の重症化予防手段としては、経口投与副作用無しの二大特徴はまさに自宅療養下で、殆ど入院が絶望的な非常時下でのコロナ感染初期や予防に使う時には、理想の薬物である。

 ちなみに私はコンピュータによる創薬研究を数十年続けてきたが、同時に薬剤師でもある。


2021/08/20

残暑お見舞い申し上げます

 残暑お見舞い申し上げます。

https://youtu.be/dmEn8Y4_c44

家内が作成したムービーです。

家内の家庭菜園を撮影したものです。

緑が中心となりますが、少しでも涼んだ気分になれば素晴らしいと思います。

コロナが急速に感染拡大しております。お体に留意されてお過ごしください。




2021/08/09

イベルメクチン購入しました:自宅療養時の安心/安全のために

  昨今のコロナ感染状況を見てみると、コロナ感染は他人事でなくいつ感染しても不思議ではない状態になっていると考える。私たち夫婦はワクチン二度接種を終えて安心していたが、同居息子や一人で川崎で生活している息子を考えると、いつ感染するかと心配になる。

 政府は自宅療養が基本ということだが、入院困難な現状では、万が一症状が悪化した時は極めて心配である。症状が悪化したら、熱で息苦しく、体が動かなくなり、トイレも食事も何もかもできなくなる。病気になっても世話人がいて一人になる心配のない政治家は、症状が悪化した時の大変さがわからない。だから、酸素吸入器を付けて自宅療養可能と言うのだろうが、理解できないし、机上の空論に近く、その場合わせのつじつま合わせにしかすぎないと考えざるを得ない。

 そこで、窮余の自衛策としてイベルメクチンを購入した。万が一感染者が身内に出たら、イベルメクチンを多めに投与させ、感染初期に血中濃度を最高にして、それを維持する。自宅療養では看護する人も感染の可能性がある。コロナへの無防備の状態では看護自体も十分できないので、感染を防ぐことが必要である。看護する人は、この場合私と家内でワクチン接種も二回行っているが、更なる感染予防として通常量のイベルメクチンを投与する。これで、ウイルスの感染を心配することなく看護が可能である。

 イベルメクチンは錠剤で経口投与できるので、気軽に投与し、患者は重症化予防と初期治療に、私と家内は感染予防と重症化を防ぐ目的で服薬する。この気軽さが経口投与の良いところである。さらにイベルメクチンは製品化されているので、副作用の問題はクリアされている。

 感染者と看護する人の重症化予防手段としては、経口投与副作用無しの二大特徴はまさに自宅療養下で、殆ど入院が絶望的な状況でのコロナ感染初期や予防に使う時には、理想の薬物である。

 ちなみに私はコンピュータによる創薬研究を数十年続けてきたが、同時に薬剤師でもある。

  参考:イベルメクチン コロナ阻害メカニズム

              イベルメクチンを用いたコロナ予防



2021/07/16

*ワクチン接種が完了しました。

  6月28日(月)に二回目のワクチン接種を完了しました。

 接種完了から三週間目も過ぎようとしているので、これで精神的に落ち着きました。

 ただ、二回目接種時の副作用は一回目より強く来るということだったので、解熱薬を用意して準備していましたが、平熱で済んでしまいました。そこで、本当に抗体が出来ているのかなーと逆に心配になります。副作用が出て安心し、副作用が無いと心配になるという、従来の投薬パターンと真逆なことが起きているということはなんか不思議な感じがします。一応、周辺の人に聞いてみると、副作用が出た人と出なかった人がいました。

 インド型変異ウイルス(デルタ株)はかなり感染力が強いということで、副作用が無かった私としては三回目のブースター接種が必要かなー??と感じる今日この頃です。

 いずれにしても、二回接種完了後の三週間目で、ほーーーっと安心しています。





2021/05/29

昨日、誕生日(湯田)とインシリコデータの創立記念日を迎えました。

 湯田は、昨日(5月28日)誕生日を迎えることが出来ました。昨年は、第一回目の緊急事態宣言あけでパタパタしていました。今年こそはと思っていましたが、昨年よりもきつい緊急事態宣言(千葉は「まん延防止等重点措置」です)真っただ中での誕生日となりました。ただ、昨年はコロナが良く分かっていないこともあり恐怖感があり緊張していました。しかし今年は悪い意味での慣れがあり、昨年の緊急事態宣言時ほどの緊張感はありません。幸いにもワクチン接種予約が出来ましたので、6月中には二回目の接種も終わり、安心して生活できるようになります。

 株式会社インシリコデータの創立は私の誕生日と同じ日となっております。従いまして、インシリコデータも昨日、無事に創立記念日を迎えました。おかげさまで私の体調も良く、会社もデジタル化の推進、データサイエンスや人工知能の発展、そして展開という時代の波に乗り順調に発展しております。

 今後、抗体に強いウイルスや変異型の強力なウイルスが出てこず、新たな抗ウイルス薬が開発され、政策も間違わなければ、ウイルス関連のパンデミックは徐々に静まるものと思います。

 政府のDX推進や社会的なSDGs推進の流れ、さらにはインシリコデータが昔から実施してきた化合物を中心とした化学データサイエンスおよび化学人工知能も大きく発展すると考えます。

 私(湯田)及び株式会社インシリコデータともに頑張ってまいりますので、今後とも皆様のご支援よろしくお願いいたします。





2021/05/16

ワクチン接種の予約が取れました:ホッとしました

 以前、新型コロナワクチン接種券が届いておりました。しかし、接種予約が取れるか否かが当時は不明で、先行して始まっていた東京都内のワクチン予約関連のニュースを見ると一部混乱しているようなので心配しておりました。

 私が住む習志野市でも5月10日に予約受付が始まりました。WEBからの申し込みを行い、家内と私の二名分を、近くのクリニックでの接種予約を取ることが出来ました。予約開始から20分程度で初回接種分の予約が満杯となったそうです。取り合えず、安心いたしました。

 習志野市の予約システムは、実際に使用した私の感じでは良くできていると思いました。システムの説明や、資料等も充実しており、使いやすいという感じでした。しかし、周辺に住んでいる方々の話では、よくあるように電話での予約等は困難を極め、多くの方々が予約できなかったようです。

 WEBやLINEの使えないお年寄りに対して、インターネット等を使える若い人たちのお年寄り方々への互助制度(ボランティア等)があるとよいのではと感じました。


*追伸:自衛隊の大規模接種予約システムの登録不備が報告されたので、習志野のシステムを試してみました。習志野のシステムは接種券番号と入力内容をチェックする機能があり、無作為の番号を用いた登録は出来ませんでした。両システムのルック&フィールは同じなので、自衛隊の大規模接種予約システムも同じ機能がついていたと考えます。自衛隊の個人情報扱いのポリシーでチェック機能を付けなかったとしていますが、のちの混乱を考えると、チェック機能はつけた方がよかったのではと考えます。また、自衛隊と都の間での接種券番号情報の連携上での問題もあった可能性があります。都は区によって接種券番号が発行されていなかったりと、ばらばらの所も多かったようですので・・・。



2021/02/21

株式会社インシリコデータは設立11周年を迎えます:今後ともよろしくご支援お願いいたします

◆ 株式会社インシリコデータは2021年5月28日に設立11周年を迎えます。

 昨年、設立10周年を迎えましたが、COVID-19下の最初の緊急事態宣言が発出されまして、大きな社会的環境の変化もあり、特に活動らしきことはできませんでした。現在もCOVID-19下での生活は変わりありませんが、ワクチンの開発/投与、ウィズコロナ生活のありかた等徐々に変化/改善が出てきました。

 今年は昨年の分も含めまして活動させていただきますので、今後ともよろしくご支援お願いいたします。


株式会社インシリコデータのマークとして新しいものを追加いたします 

 創設11周年を迎えまして、株式会社インシリコデータは現在用いている会社のロゴタイプに加えまして新たなロゴマークを用いてまいります。以下に、現在用いております会社のロゴタイプと今後用いますロゴマークを併記いたします。今後は両方のロゴをケースバイケースで使い分けてまいります。

 現在用いておりますロゴタイプ同様、新しいロゴマークもよろしくお願いいたします。


 ◆ 現在使用しているロゴタイプ:


 ◆ 新たに追加いたしますロゴマーク:




 



2021/01/27

単なるデータベースからコンテンツ(データ)の世界へ

 第三世代:コンテンツ(情報)の世代 ⇒ ただ保存しているだけのデータでは単なるコンピュータの肥やしでしかない。今後はデータ量と内容(コンテンツ)が問題となるであろう。

 コンテンツはデータであるが単なるデータではない。データは単なる情報を入れている器のようなものであるが、コンテンツは器の中に存在するものとなる。データの利用法や展開手法に工夫を加えることでデータが内包するコンテンツを明白な形として取り出し、様々な機能を発出できることになる。これが、単なるデータでなくコンテンツの所以である。

◆単なるデータベース(辞書)からコンテンツ(情報)の世界へ

 データも集積されればデータベース化するということは、従来のコンピュータ技術の常識であった。この場合のデータベースは言い換えれば電子辞書ということである。データ量が多くなれば辞書から辞典、そして大辞典と変化してゆくが、単なるデータの記録書にしか過ぎない。

 データをまとめたデジタル辞書は単なる情報の保存や確認に利用されるもので、内在する情報を用いた活用までは出来ていない。つまり、辞書はターゲット項目を探すもので、データ間に内在するターゲット情報を探し出すものではない。

◆コンテンツ(情報)の探索と活用

 現在、ハードウエアの機能向上およびデータ解析手法の進歩が急速に進んでいる。この結果従来では考えられない量のデータの扱いが可能となり、従来の数字や文字データに加えて音声や画像データが大量に保存され、その記録密度も急速に向上している。大量のデータを表現して「ビッグデータ」と呼ぶが、現在は確実にビッグデータの時代へと突入しており、このビッグデータを処理するデータ解析手法もきわめて多数展開されている。

◆今後の展開は? (ビッグデータ、データサイエンス、人工知能)

 今後は大量のデータを扱うビッグデータ対応のデータベースが中心となり、データベース自体の関連技術も大きく変化するし、既に変化している。また、データ自体も保存にメモリ領域が取られて保存が難しかった画像や音声データも記録密度高くかつ大量に保存される。ひと昔は難しかった画像情報を直接用いた画像検索も主従開発され、実用化されてきた。

 この大量データを扱う手法としてデータサイエンスや人工知能も急速に拡大している。サンプルデータ数が急速に拡大すると同時に、データサイエンスや人工知能も大量データを扱って実行できる手法の開発も進み、こちらはCPUの高速化が大きな貢献をしている。

 現在、GAFAを中心に大量のデータが蓄えられ、これらのデータを用いて様々な要求に答えるデータ解析や人工知能の応用が展開されている。

 一見、データさえあれば何でもできるように見えてくるが、実際にデータサイエンスや人工知能を実施しようとすると、いくつかの問題点が見えてくる。データサイエンスや人工知能をせいどや信頼性高く実施するためには量だけの問題ではなく、もう一つ重要な問題点の解決が必要となる。次回はこの点について言及します。

 次回のテーマ: 

 ◆ビッグデータ、データサイエンス、人工知能を正しく展開し、適用するには?

以上