インシリコデータ株式会社関連ブログ;Blog of the In Silico Data Ltd..

 ようこそ(株)インシリコデータブログへ。このブログでは、主としてインシリコデータのホームページでは直接編集できない細かな内容をフォローいたします。本ブログ内容等に関する質問/要望/意見等はこちらのブログか、インシリコデータのコンタクトアドレス(contact@insilicodata.com)にいただければ幸いです。
 なお、一部で著者の私的な情報に関する掲示板としても本ブログを利用いたしますが、この点お許しください。
 In this blog, I discuss and write various themes which I cannot edit on the
homepage of the In Silico Data. This blog also partly include a little personal themes.

2017/12/08

母校で講演を行なってきました。次の日、墓参りをしてきました。

 先日、母校の東北大学薬学部で講演を行ないました。
 後輩となる学生や若い研究者に、自分が行なってきたことを話してきました。

 講演タイトルは、

 「人工知能の歴史と化学分野への適用から創薬/毒性評価への適用」です。


 大学の薬学部は外見上、生コンからベージュ色の外見となっていましたが、構造自体は私が学生のころと大きく変わっていませんでした。(写真1) 奥のビルの4階が私のいた薬品合成化学の研究室です。大学は仙台市の西側にある山の頂上付近に建てられているので、屋上に出て写真奥(東側)に行くと仙台市が一望できる絶景ポイントとなっています。

 私が学生のころは、大学への交通手段としてバスしか交通手段が無かったのですが、現在は地下鉄で仙台駅から簡単に大学まで行くことが出来るようになっており、アクセスが桁違いに良くなっていました。 
 新しく出来た地下鉄駅の出口周辺や駅から薬学部への道には新しいビルが多数立ち並び、景観は一変していました。地下鉄東西線の青葉山駅から外に出た時は、自分の立っている場所を認識するまで少し時間がかかってしまいました。




 講演の内容は本講演会を主催した東北大学薬学同窓会に、講演会報告としてアップされていますので、そちらを参考にしてください。
 様々な研究分野の学生さんや若い研究者を対象として講演するのは久しぶりなので、本当に楽しい時間を過ごせることが出来ました。また、私の恩師でもある小笠原國朗先生も聴講されており、非常に緊張しました。
 講演を聴いている殆どの学生や研究者の人々は、私がコンピュータの世界に入ったころと異なり、コンピュータアレルギーの無いスマホ世代の人々です。このような世代の異なる人々がどのような反応を示すかも興味あるところでした。

 次の日は菩提寺の松音寺に墓参りに行ってきました。
 当然ですが、寺は少しも変わらず私を迎えてくれました。大震災の時も外見は大きな被害も無かったのですが、墓の方は墓石がズレたり、倒れたりと大変でしたが、現在は完全復旧し、前にもましてきれいになっています。

 時間を忘れた景観が故郷にあるという事は非常に暖かいものと安心感をもたらしてくれます。震災後、仙台市は関東や関西の資本が入って大きく変わっていますが、変化の無いものがあることは、大きな安心感を与えてくれると感じました。

2017/09/05

訃報です:QSARを提案し、確立された藤田稔夫京大名誉教授が逝去されました

 大きな訃報が届きました。
 QSAR(定量的構造-活性相関)を提案し、手法として確立された京都大学名誉教授である藤田稔夫先生が8月22日に逝去されました。当時私は海外で開催されていたWC10会議(8月20日ー24日、Seattle、USA)への参加とポスター発表で日本にはおりませんでしたため、ご報告が遅れました。

 創薬に関係した研究者であればQSARという言葉を知らない人はいないでしょう。最近では毒性評価研究分野でもQSARという言葉が重要なものとなっています。世界的にはQSARはHansch-Fujita法として知られております。残念ですが2011年にHansch先生が逝去されており、今回の藤田先生の逝去によりQSARのルーツとなられた先生方がおられなくなってしまいました。

 QSAR以前はSAR(構造-活性相関)という言葉がありました。これにQというアルファベットをつけてQSARという言葉を創薬研究分野に定着させたのが、Hansch先生との共著の論文であり、Hansch-Fujita法と呼ばれるのはこの論文の存在によります。また、QSARは手法の大きな概念であり、SARという構造-活性相関を定量的に行なうという意味のQ(Quantitative)を付けたものです。創薬研究がSARからQSARに進んだことで、それまでは単なる概念的な創薬研究に論理的なアプローチをつけ、創薬研究を大きく進歩させました。

 改めまして藤田先生のご冥福を祈ります。
 
 
 

2017/06/05

ようやく病気から回復しました:

 昨年の3月から今年の5月末までの約一年間に、合計7回の緊急入院と手術を繰り返してきました。 病気は胆のう関連4回と尿路結石関連が3回でした。 現在は胆石も尿路結石も除去された状態です。 尿路にあった最後のステントが5月26日に除去された後は、日一日と元気になってゆくことが実感される日々を過ごしています。 一時は胆管と尿路の両方にステントが入った状態で過ごしていました。 胆石および尿路結石が除去され、病が治れば全くの健康体となります。 病さえ治れば後に引くものが無い病気なので、この点でラッキーでした。

 しかし、この一年は病にかかり、病院に行って緊急入院となり、そのたびに何らかの手術を受けることを繰り返してきました。 病の症状が出て、耐えられなくなり病院に行く。 これに約一週間程度かかります。 診察の結果緊急入院となり、手術を受けて退院までさらに一週間程度かかります。 退院後のケアも考えると、一回の入退院で3週間ほど日程が取られてしまいます。 二か月に一回程度の頻度で、このような入院と退院を繰り返していると、生活のペースも乱れがちになり、体力も弱くなってきます。 また、入院していなくとも通院期間中は食も進まなくなり、食べ物もおいしく感じることが少なくなります。 また、同時にこの期間は倦怠感が出てくるようになり、仕事への集中度も下がり、可能であれば仕事を先延ばししたいというような気分が先行するようになります。 これらの状態は薬の副作用と異なるもので、病気により生起してくる症状です。 
 退院しており、通院であって入院しているわけではないので、外見的には通常と同じ生活をしているように見えます。 しかし、入退院が続くと生活する上で様々な点でペースダウンする事は避けられないという事を実感しました。

 通常は胆石か尿路結石のどちらかだけ発病するのですが、今回は両方の病が交互に襲ってくるという貴重な???経験をしてしまいました。 幸い、両方の病が治りましたので、今後はこの一年間ですっかり弱ってしまった体力の回復に努めてゆきます。 
 今回は健康であるという事の大事さをしみじみと感じさせられた一年でした。 今後は今回の体験を踏まえ、健康を第一に考えながら生活してゆくつもりです。

2016/10/04

大隅良典栄誉教授、ノーベル医学・生理学賞受賞本当におめでとうございます。

  今年もノーベル医学・生理学賞を日本人が受賞したというニュースが報道されました。3年連続でのノーベル賞の受賞であり、これは日本の研究レベルの高さを世界にアピールするものと言えるでしょう。

  大隅良典先生の研究は生命の仕組みである「オートファジー」にチャレンジし、見事にその仕組みを解明されたものです。改めて生命の仕組みの巧妙さを実感すると同時に、その巧妙な世界にメスを入れてメカニズムを明確にすることに成功した大隅先生の研究に凄さを感じます。

  昨年は、大村智先生がノーベル賞を受賞されております。これは、大村先生が発見されたエバーメクチンを基本としてメルクの研究者によりイベルメクチンが開発され、アフリカで蔓延していたオンコセルカ症を防ぎ、アフリカに住む億単位の人々を救ったという実績からノーベル賞を受賞されております。

  大村先生の研究は自然界の微生物から薬物を発見し、薬という製品にすることで多くの患者を救ったという実用/応用研究が大きく評価され、受賞されております。今年度はいわゆる基礎研究であり、生体のメカニズム(生命現象)にかかわる内容を明確にされたもので、この先導的研究が評価されたものです。この点で、今後はこの生体メカニズムの「オートファジー」に関連する病気等の関連研究が急速に進み、多くの患者を救うという道に突き進むものと期待されます。
  
  大隅先生はバイオ関連の最先端のテーマでは競争が激しく、あえてその競争を回避して研究するべく、「オートファジー」にチャレンジされたと話されております。
  確かに、80年代以降現在に至るまでバイオ関連の研究では、研究競争が激しく、一日/一分/一秒でも早く論文を出すことが使命であるという風潮があります。進歩の激しいバイオ分野では全世界の研究者が日々成果を出すべく競争に励んでいるのです。iPS細胞の山中先生はノーベル賞を受賞されましたが、まさに同様な研究を行なう世界の研究者や研究グループとの熾烈な競争に打ち勝って獲得された金字塔となるノーベル賞です。

  今後とも、日本の多くの若手研究者の励みとなるような研究が、応用研究、基礎研究、そして熾烈な研究競争という3種類の典型的な形でノーベル賞に輝いたという事は本当に素晴らしいことと考えます。

2016/06/24

[訃報] 秋草直之富士通顧問が逝去されました:謹んでご冥福をお祈りいたします

 秋草直之富士通顧問が急性心不全のため、6月18日に逝去されたとの報道があり、富士通のWEBにも正式に掲載されました。77歳の若さでの逝去ということで、非常に驚きました。報道や広報によると、お別れの会が7月29日の12時ー13時、帝国ホテルの「孔雀の間」で開催されるそうです。

 ここに謹んで、お悔やみ申し上げます


 私が富士通に入社した時、秋草顧問は私が所属する第二システム統轄部の統轄部長になっておられました。先のブログにも書きましたように、 秋草顧問は「部下を信頼して任せる」というタイプの方です。優れた方々のサポートがあれば、周囲は動きやすい環境になるでしょう。私はそのように感じました。

 先のブログに、「稟議は、留学先で使っていたADAPTシステムを富士通の汎用コンピュータ上に移植するという内容でした。一通り聴き終えた後、余計なことはいわずに「大丈夫か」との一言。「大丈夫です」と答えたら、そのままOKとなりました。」と書きましたが、その時観ていただいた稟議書の表紙のコピーを以下に示します。


 文字が汚くて申し訳ありません。当時(昭和61年:1986年)は、ワープロではなく手書きでした。この表紙中、上部にある計画元の押印欄の統轄部長印が「第二システム統轄 部長 秋草」となっています。なお、この隣の部長欄の印は「第三製造工業システム 部長 黒川」となっています。この印は、秋草社長の後を継いで社長になられた黒川博昭社長の印です。当時は部長になられたばかりでした。この稟議書には二代続いて富士通の社長となられた秋草社長および黒川社長の印が押されています。

 私の仕事はコンピュータと化学、創薬、安全性を結びつける、当時の日本では殆ど実施されていない研究分野でした。富士通は、そのような分野にも積極的にアプローチしようとするチャレンジ精神に溢れていました。

 改めまして秋草相談役のご冥福をお祈りいたします。






2016/06/09

室屋義秀選手、エアレース優勝おめでとうございます

 今年もエアレース千葉に行ってきました。

 エアレース千葉のWEBのトップページを飾る写真のように、日本の室屋義秀選手が念願であった初優勝を致しました。
 昨年の千葉大会では、日本で開催された最初のエアレースであり、日本を代表するという事でかなりのプレッシャーがあったためか、積極的に攻めた結果、オーバーG(10G以上)となり、記録的にはトップレベルでしたが、レースは失格となりました。今回のレースは、昨年のリベンジであり、それを優勝という最高の花で飾った事になりました。


 昨年は、海浜幕張のベイタウンにある友人のマンションのベランダからレースの観戦を行ないまして、この様子を本ブログにて報告いたしました。マンションから観ると、レース会場全体が見渡せて、全体の状況や、レースの流れを俯瞰して観ることが出来たので、エアレースを最初に経験するには非常に良い環境であり、経験となりました。また、飲食しながら気楽に観戦できたので、楽しい時間を過ごすことが出来ました。

 昨年は、レース会場全体を俯瞰できる絶好の場所で、全体の雰囲気を知る上ではこれ以上の場所はなかったのですが、会場から少し離れているので、レースの臨場感に乏しい感じがありました。この観点より今年は、会場となった海浜公園で観戦しました。
 場所はBゾーンで、飛行機が侵入してくるスタート地点で、また飛行機が折り返してくる時に急激なUターンをする地点であり、最後のゴールにもなり、急上昇して離脱してゆく地点でもあります。 とにかく、飛行機を近くで観れるということ、そして爆音を体全体で感じたいという希望もあり、今年は会場からの直接観戦に参加しました。


 上の写真でもわかりますように、海岸の砂の上にそのまま座り込んで観戦します。しかし、実際に飛行機が飛んでくるとみな総立ちとなって飛行機が飛んでゆく様子を見ます。上記写真でもわかりますように、画面右の海の上にパイロンが浮かんでいる様子がわかります。また、会場のすぐ脇には大型のスクリーンが設置されており、レースの説明や実況中継等が大型のスピーカーで放送されています(次の写真)。


  この実況中継により、次に飛んでくる選手の名前がわかるので、応援のポイントがわかるようになります。室谷選手が次に飛ぶという事がわかると、飛行機が見えてくる前から室屋コールが起こっていました。 またこの実況中継ですが、時速やGの程度、競合パイロットとの飛行比較情報等も流れるので、飛行状態についての細かな情報が良くわかりますので、飛行観戦する方にとって極めて貴重でした。これが無いと、単に飛行機が凄い爆音を出しながら、近くを飛行しているという迫力だけで満足する事になります。まー、これだけでもすごいのですが・・・・。

 エアレースそのものは、スタートからレース終了までの時間を競うもので、大体1分4秒から6秒を競います。従って、レースが始まってから、レース終了まであっという間に時間が過ぎるのですが、その間に飛行機はレース会場を二回往復します。レースはあっという間に終了しますが、飛行機が近くを爆音を上げて急速に飛んでゆき、急旋回したりする様子は迫力抜群でした。

 レースも多くの選手が飛んでゆく過程で、中には急にコースから外れたりしてゆくケースもあるのですが、大画面スクリーンによる実況中継で、なぜ離脱したのか等がよくわかります。
 実際に、室屋義秀選手の記録がトップの状態で、この記録に挑戦する有力選手が飛んでいる時は、室屋コールと同時に、実況中継で、レース中に室屋選手がリードしたり、遅れている状態が放送されるたびに一喜一憂していました。最終的にその有力選手が負け、室屋選手優勝と放送されると、しばらく歓声が幕張海浜公園に響きわたっていました。

 

室屋義秀選手、優勝おめでとう。 素晴らしい思い出をありがとう。


 来年も参加して、応援します。



2016/01/04

◆ 新年明けましておめでとうございます


新年明けましておめでとうございます。
今年もよろしくお願い致します。

思えば、昨年は仕事面でいろいろなことをさせていただき、暖かい皆様のご支援を受けまして無事完了する事が出来ました。
改めまして御礼申し上げます。

仕事以外の面では、日本で初めて挙行されたエアショーを観戦する事が出来ました。あの爆音がまだ耳に残っています。
4月にはポールマッカートニーの東京ドーム公演に行き、青春時代に戻って楽しんできました。また、6月はN響のコンサートにゆき、11月にはミュンヘン交響楽団と辻井伸行の公演会に行き、辻井伸行のひた向きな姿勢に感動してきました。さらに12月には、N響による第9の演奏を聴き、年の締めくくりをしてきました。
また、ポルトガルで開催されたEUROTOX2015にポスター発表をしたので、ポルトガルのリスボンとポルトに行きました。帰国時に、イギリスにより、ロンドンの観光をしてきました。これらの様子は写真集として本ブログに掲載しております。

最近、ビッグデータやIoT等の言葉が使われるようになり、これにつれて大量データを処理する手法の一つとして、人工知能の適用が注目されるようになってきました。
ビッグデータやIoTは、従来とはスケールや内容等の観点でその規模や情報の広がり等が桁違いに拡大してゆく状態を想起させます。このデータ爆発ともいえる状態に対応するためには、従来とスケールが大きく異なる機能や能力を持った様々なハードやソフトの開発/展開/適用が必要となります。
現在は、特にハード的な進歩が速く、かつ大きいためビッグデータの種類、内容、スケールが急速に膨張し、それらの貯蔵庫ともいえるデータベース等の整備が喫緊の課題となっています。
大量のデータが蓄えられるようになり、そのデータの使い勝手も良くなると、次に問題となるのがソフトとしてのデータ解析/処理手法の展開です。データ解析/処理となると一般的に多変量解析/パターン認識が前面に出てきますが、今回は人工知能技術が大きく前面にでてこようとしています。
現在の人工知能技術は、従前より実施されてきたノウハウをルールとして用いるルールベース型人工知能と、ニューラルネットワークで代表される学習による知識獲得型の技術より構成されます。なお、スーパーコンピュータを用いてチェスやクイズゲームでチャンピョンになり、注目を集めるIBMのワトソンは意思決定支援システムであり、開発者は人工知能とは一線を画して考えています。

人工知能と化学の分野の繋がりは強く、歴史的にも人工知能の草創期から化学分野への適用が多方面で展開されてきました。これらの詳細は改めてアップ致します。

以上
2016.1-4
湯田 浩太郎

2015/05/18

幕張で実施されたレッドブルエアレース2015を見ました:

 先日開催されたレッドブルエアレース2015千葉を観戦しました。
 日本でエアレースがみられるとは思ってもいませんでしたので、とても楽しい体験をしました。
 
 幕張に住む知人より、エアレース観戦しませんかというお誘いが来ました。知人は幕張ベイタウンの高層マンションに住んでおり、そこはエアレースの場所からはちょっと遠いのですが、レース場全体を俯瞰できる絶好の場所でした。ベランダから幕張海浜公園を見る景色は抜群で、天気が良ければ富士山も良く見えるとの話でした。

 観戦したのは5月16日(土)の予選です。高いところから撮るので、海岸からは見えない富士山をバックとしたレースの写真が撮れるかなーと期待していたのですが、当日は薄曇りの天気で、残念ですが富士山とセットの写真は撮れませんでした。

 今回のコース全体の俯瞰図が以下のレッドブルの公式サイトに掲載されています。
http://www.redbullairrace.com/ja_JP/event/chiba-2015

 以下の写真はベランダからエアレース場を見たものです。

 

また、コース中のシケインと呼ばれるところを飛行している様子が下の写真です。コースを左右に移動させるために機体がほぼ垂直になっている事が良くわかります。さらに、コースの沖には多数のプレジャーボートや釣り舟等が浮かんでおり、エアレースを
見物している様子がわかります。
 


 下の写真は、コースでは両端部分で折り返し飛行しなければならないので、この部分で急激にGがかかりパイロットの体力と腕の見せ所ですが、10Gを超えやすくなるので飛行的には難しいところです。下の写真は、このコース端となるバーチカルターン部分の西エンド部分(右のビルがアパホテル幕張)です。ここのパイロンの間を飛行機が通り抜けている写真です。この後、急速に左旋回して戻ってきます。


 最初の写真でわかるようにロケーションとしては若干遠かったのですが、コース全体が良く見えるので問題はありませんでした。この距離だと飛行機がスモークをたかないとその位置を見つけることは困難であることがわかりました。爆音自体は良く聞こえるのですが、スモークがないと機影をつかむことは極めて難しいです。
 あらかじめ、望遠鏡を用意しましたが、レース中の飛行機の動きが速く、望遠鏡で追う事は困難なので早々とあきらめました。その代りとしてコンパクトカメラを使いましたが、20倍光学ズームでデジタル40倍だと思ったよりも大きく撮る事が出来ました。コンパクトカメラのムービー機能で撮ると比較的飛行機を追いやすく、肉眼では見えない飛行機のペインティングも良く見えました。
 
 来年も開催されれば素晴らしいなーと思います。まだ決定はしていないようですが、来年の開催可能性はかなり高いようです


以上
2015.5.18





 
 
 
 



2014/11/22

お知らせ:インシリコデータが学会で展示ブースを設けます。 Notice: The In Silico Data will provide a booth at the JSAAE conference

 既に、インシリコスクリーニングブログでお知らせしましたように、インシリコデータが学会で展示ブースを設けます。 展示する学会は動物実験代替法学会(JSAAE: The Japanese Society for Alternatives to Animal Experiments)です。

 今回の出展はインシリコデータ社が創業してからの最初の出展活動となります。 
 日本には前例のなかった業務内容(インシリコ毒(安全)性スクリーニングに特化したインシリコ関連総合コンサルタント) であるにもかかわらず、時代の流れや急激な変化も大きな支援となり、激流の中で揉まれながら成長を続けてきました。

 10月末のCBI大会ではCBI学会の一組織として「計算機毒性学(Computational Toxicology)」研究会の立ち上げとなるキックオフミーティングを実施する事が出来ました。 これも学会傘下に設立された日本最初の「計算毒性学」に関する研究組織であり、毒(安全)性に関係する多くの方々の注目を浴び、参加会員数も順調に増えています。 今後は、この研究会の活動をより具体的な内容にし、会員の皆様方の期待に答えられるように頑張ってゆくつもりです。

 インシリコデータの独自技術としてのKY(K-step Yard sampling)法は、化合物の毒性評価という観点では他に追随を許さない技術です。 開発された6種類のKY法は日本、USA、EUに特許出願され、現在ではこれらの殆どが特許となりました。 今後はこのKY法を、インシリコ毒性スクリーニングの標準となるように世界に訴えてゆきたいと考えています。

 時代の流れとして「化合物毒性スクリーニング」の需要は、毒性や副作用のない創薬研究、化審法やREACH等の化合物規制に関連する全ての化合物、環境規制に関係する分野、さらには今回出展を行なう動物実験代替法分野と急激に増えています。 このような大きな時代の変化に対応し、一歩先を行くべく努力してまいります。 

 株式会社 インシリコデータが成長を続けられたのも、多くの皆様方の暖かいご支援があったが故であると感謝いたしております。 
 今後もよろしくご支援のほどお願い致します。


以上


湯田 浩太郎

2014/11/21

WC9での写真集をアップしました:

 遅くなりましたが、8月24日-28日にチエコスロバキアのプラハで開催された9th World Congress on Alternatives and Animal Use in the Life Sciences (WC9)にてポスター発表を行なった時の写真をアップしました。 学会会場、プラハ城、カレル橋、モルダウ川、プラハ市内、またチエコスロバキアの他の世界遺産である、チェスキー・クルムロフの写真等です。

 学会終了後プラハから鉄道でベルリンに移動し、ベルリンの市街観光を楽しみました。 その時の写真もアップします。ベルリンはいたるところ建設ラッシュでした。 美術館も、遺跡である建物をそのまま室内に持ち込んで展示するというパーガモン美術館は巨大な歴史的建造物がそのまま展示されるという、圧倒的な迫力であり、写真ではその大きさを表現できないのが残念です。 その他、ブランデンブルク門や、ベルリンフィルハーモニーの生演奏を聴いてきました。 この日は、新シーズンの始まる初日の演奏会という事で、演奏会場には正装した多くの人々が集い、ヨーロッパにおける音楽に対する伝統的なものを感じることが出来ました。 曲は「火の鳥」でした。
 写真はあまり整理されていませんが、楽しんでください。


以上